転職してハイヤーの乗務員になるための方法とは

転職するのがごく普通のこととなった現在、ハイヤー乗務員として活躍したいと思ったときに何からすればいいのか分からないと思われます。転職したいと思った年齢にもよりますが、これまでハイヤー乗務員とはまったく違った職種で働いていた場合は、地道に努力をしなければならないでしょう。それは、ハイヤー乗務員として活躍するためには、非常に多くの研修をこなさなければならないからです。

転職希望の場合は、多くの人が求人誌やネット系の求人情報から見つけることが多いといわれています。そのような人に聞くと、まったく違う職種に就いていたけれど、仕事上でハイヤー乗務員の仕事ぶりを見る機会が多かった、知り合いにいて仕事に興味を持ったなどの理由から転職先として考えた人が多いようです。単純に、車の運転が好きで、前職が接客業をしていたので通じるところがあるという場合も見られます。

このほかでは、タクシー乗務員として長らく勤めてきて、スキルアップを兼ねてハイヤーの方に移りたいという人もいるようです。タクシー会社によっては、ハイヤー部門を設けているところもあるので、普段からその仕事ぶりなどを見ていてのことといえるでしょう。確かに、タクシー乗務員と比べてハイヤー乗務員の方が年収も高いというデータもあることが、タクシー乗務員からすると憧れとなると思われます。もちろん、タクシー乗務員の年収も勤めているタクシー会社によっても差があると思いますし、福利厚生がしっかりしているところであれば手当の充実から年収に反映されていることもあるはずです。しかし、ハイヤー乗務員の場合は、基本的に福利厚生はしっかりしていますし、退職金制度もあるところが多いので、自然と年収も高くなっています。

両者の仕事内容は車を運転することは同じですが、ハイヤー乗務員の場合はそれだけではありません。接客スキルもただ丁寧に対応すればいいというものではなく、ビジネスマナーが必要となります。言葉使いもそうですし、所作も含まれます。今日明日にいきなり習得できるものではないので、決して簡単にはいかないでしょう。

会社によっては、モチベーションの高い人物に対して未経験でも採用し、しっかり研修してくれるようなところもあります。このように人材育成に力を入れている会社であれば、中途採用からハイヤー乗務員として成長することも可能となっています。社員を大事にしている会社にはこのようなところが多いようです。