ハイヤーとタクシーを比較する

ハイヤーと比較されやすいのはタクシーといわれています。お客様を車両に乗せて送迎するという目的は同じですが、まったく違う移動手段であることは知られていません。また、ハイヤーはどのようにして利用するのか知らない人もいるようです。大々的に営業活動が行われることもありませんし、街中を走っているのを見かけることもたまにあるくらいで、駅などでタクシーのようにお客様を待っていることがないので多くの人に実態を知られていない理由と思われます。とはいえ、多くの人がハイヤーには興味を示しているのも事実。もっと幅広く周知されるようなことになれば、今後ますます利用が増えるはずです。

タクシーと比較すると、ハイヤーは完全予約制という点が最大の違いといえます。どんなに遅くても前日までに予約をしなければ乗車することはできません。できるだけ早めの予約をすることによって、時間帯も融通が利きますし、お目当ての乗務員を指名することもできます。タクシーの場合は予約をして利用してもいいのですが、基本的に乗りたいと思ったときにすぐに手を挙げ、車を見つけるのが一般的。そのため、駅などにはすぐに乗れるように待機しているタクシーが数多くいるのです。仮に、街中でハイヤーが走っているのを見かけたとしても、手を挙げ、車を停めることはできません。多くのハイヤーはお客様をお乗せていないときは、お客様をお迎えにいく途中か、ひとつの予約が終わって営業所に向かっている途中と思われます。

料金についても違いがあります。タクシーの場合は初乗り料金というものがあり、この料金は乗った時点で掛かるものです。それに追加して、距離数で料金が追加される仕組みとなっています。この追加料金と距離についてはタクシー会社によってまちまちとなっています。目的地に着くまで料金は分からないという仕組みです。ハイヤーは予約する時点で見積もりを発行してもらえるので、その時点で料金は分かっています。ハイヤーは最低貸し切り時間が設定されているので、あまり近場の利用には向いていないでしょう。ある程度の距離を送迎してもらうのに適しています。もちろん、同じくらいの条件で利用するのであればハイヤーの方が割高になります。高級車両ですし、ホスピタリティーが充実している点からも当然のことでしょう。それぞれの違いを踏まえて、送迎の利用を決められることをおすすめします。

このほかにも、ハイヤーはタクシーのように自動でドアが開くことはない分、乗務員がドアを開けてくれますし、荷物も運んでくれるので、重い荷物を運ぶようなこともないでしょう。