ハイヤーは空港送迎で利用されることが多い

ハイヤーは各種目的に利用できる移動手段です。そのなかでも依頼数が一番多いのは空港送迎でしょう。東京もしくはその近郊の方々が空港に出向くときの送迎、さらに帰国時のお出迎えなどをしています。さらに、海外からのお客様を空港に出迎える依頼もあります。このように海外からのお客様は今後世界的に行き来が活発となった場合、相当数の増加が見込まれます。ビジネス利用はもちろん、日本に観光に訪れたい海外の方は多いので、そのような方々の受け皿にもなるでしょう。いずれにしても、経済面を活性化させるには、世界的な往来を活発にしなければならないため、感染症問題を早期に解決することが必要です。

東京の空港は数回行った程度では全体を把握するのは難しいでしょう。一般的には用がなければいかない場所であるため、ハイヤーを利用して確実に到着することが大事です。乗務員は普段から空港送迎が仕事内容の多数を占めているので、国内線はもちろん、国際線についても詳しく、空港内もしっかり把握しています。広い空港で迷ってしまうと時間の経過で焦るだけではなく、精神的にも落ち着けません。ハイヤーを利用すれば乗務員という安心できる存在がいるので、焦りや不安は解消されるでしょう。とくに、海外からのお客様の場合、困ったときに母国語が通じるかどうかが最も不安なので、言葉の通じる乗務員の姿を見るとホッとするそうです。私たちが海外に行き、日本語の通じる人がいなかった場合、とてつもない焦りや不安を感じるのと同じでしょう。

空港に海外のお客様を出迎えるときは、きれいなネームプレートを準備して待ち合わせをします。お客様を歓迎する気持ちを込めてネームプレートを作成しているので、喜ばれています。どのハイヤー会社を利用しても、このように各社ネームプレートを準備しているので、国際便ではネームプレートを持った乗務員をあちこちで見かけます。

一方、日本人の利用も増えています。これまで公共交通機関を利用して空港まで移動していた方がハイヤーを利用するようになったことが増加の理由でしょう。公共交通機関は費用をかけずに利用できるというメリットもありますが、当然乗り換えなどが発生することがあるので、思ったより時間が掛かってしまいます。交通の便がよい場所で乗り換えいらずの場合は負担も少ないと思われますが、乗り換え時の移動や待ち時間などがあると労力も掛かってしまうでしょう。とくに小さなお子さまのいる家庭や、足腰の悪いご家族がいる場合は移動が負担となる傾向があります。それらのことを一気に解決してくれるのがハイヤーであるため、最近は日本人のお客様に注目されています。